相模原市 腰痛 肩こり マッサージ 田中鍼灸接骨院


相模原市南区 腰痛 肩こり 手技療法 田中鍼灸接骨院

治療内容
肩こり
肩の痛み(五十肩など)
腰痛(坐骨神経痛など)
交通事故の方(むちうち)
膝の痛み(膝関節症)
骨盤矯正

交通事故
交通事故にあわれた方へ
一般的な交通事故の流れ
治療内容
接骨院よくある質問

治療メニュー
治療機器のご紹介
トリガーポイント手技療法
鍼灸治療
ヒーリングルーム
料金について

インフォメーション
院長田中の著書
お役立ち情報  整体師講座
保険治療について
下肢のチェックシート
クーポン券
患者さまの声

院のご紹介
院長挨拶
院長ブログ
アクセスマップ
系列院の紹介とリンク集
スタッフ募集
お問い合わせフォーム               サイトポリシー

肩の痛み 膝の痛み バネ指 五十肩 田中鍼灸接骨院
   お役立ち情報
まずは、お気軽にお電話で

042−766−6909

秋のマッサージ祭り開催中!

  秋のマッサージ祭り、好評開催中です!
  開催期間は11月末まで。

  15分、30分、40分のマッサージを受けて頂いた方が対象です。

  2つのサイコロを振って、出た目の数に応じた景品が当たります。

    1等   @と@    → 15分マッサージ無料券
    2等   BとB    → 10分マッサージ延長券
    3等   DとD    → 500円分金券
  はり灸賞 偶数のぞろ目 → はり灸体験券
  貼り薬賞 ぞろ目以外  → シップ1袋


第3回リハビリスト学術大会

日本総合リハビリスト協会による学術大会です。
介護職員の質の向上および介護支援専門員との連携強化を図るため、
日本総合リハビリスト協会が毎年恒例として学術大会を開催しています。

日時 平成21年11月15日(日)12:00〜13:00

場所 健康福祉施設 ジェイアークプラザ
     横浜市瀬谷区本郷2−15−1

内容 「歩けるようになる7つの法則」

参加者 50名を予定


ご質問等は下記までどうぞ。
  日本総合リハビリスト協会 事務局(ジェイアークプラザ内)
  Tel 045−306−0330
  Fax 045−306−0037
  Mail j-aok.2006@theia.ocn.ne.jp
  担当 石川・大山

子育て支援事業、整体・整骨講習会
  平成21年10月19日に行われた講習会の資料です。

  子供応急手当て Q&A
1 Q、子供に多いケガ(打撲、捻挫など)での応急手当ってあるの?
  A、RICEの原則というのがあります。ぜひ覚えておくと良いですよ。
    Rest        安静(患部の安静を保つ)
    Ice         冷却(腫れを抑え、治りを早める)
    Compression 圧迫(腫れを抑え、安静を図る)
    Elevation   高挙(心臓より高く上げ、腫れと痛みを軽減)

2 Q、強く頭を打ったようだが、病院へ連れて行く判断はどうするの?
  A、頭の中での出血は緊急を要する事があります。大人は24時間経てば安心ですが、
    子供の場合は48時間、脳内出血の可能性がありますので、
    下記の症状が見られたら、直ちに救急車を手配して下さい。

    @)ボーッとして、声を掛けても反応が鈍い、もしくは無い。
    A)ろれつが回らない。嘔吐する。激しい頭痛を訴える。
    B)まっすぐに歩けない。もしくは座っていられない。
    C)急にいびきをかいて寝てしまい、声を掛けても起きない(緊急状態)

3 Q、肘が抜けるって何?
  A、肘内障と言い、肘関節の亜脱臼の事です。
    整形外科や接骨院にて入れてもらえば大丈夫です。
    転びそうになったときに腕を後方に引かれた時に多発します。
    赤ちゃんから小学校の低学年位にみられ、痛い方の手を使わない、
    肘を曲げると痛がるのが特徴で、内出血や腫れは見られない事が多いです。

4 Q、小さな子供がいる家庭の常備薬って何が必要なの?
  A、ケガには イソジン消毒薬、綿花、ガーゼそして包帯など。
    風邪薬、胃腸薬、頭痛薬などを大人用と子供用をそれぞれ。

5 Q、家庭でのキズの正しい消毒法ってあるの?
  A、@)流水で傷口を洗い、砂利や砂を残さないようにする。(デブリーフィングと言います)
    A)割り箸で持った綿花にイソジン消毒薬を付けて、患部を消毒する。
    B)絆創膏を貼る。

※ 顔などの、傷痕を残したく無い部位には、キズパワーパッドがおすすめです。
   3倍早く、そしてきれいに治ります。一度お試し下さい。

  ママさんの応急手当て Q&A
1 Q、手首の親指側が傷むんですけど?
  A、ドゥケルバン腱鞘炎と思われます。使いすぎから起こる腱鞘炎の一種です。
    シップや塗り薬を使ってみてください。
    掌側の指の付け根の痛みは屈筋腱鞘炎のバネ指があります。
    専用のバンドを使うと治りやすくなります。

2 Q、肘の内側が痛むのですが?
  A、上腕骨内果炎と言い、腱鞘炎が悪化して、骨膜に炎症が起きている状態で、
    リハビリが必要です。整形外科や接骨院を受診して下さい。

3 Q、肩こりがひどく、頚が回りにくいんですけど?
  A、頚の脊椎骨の並びが悪い状態を頚椎症と言いますが、
    一時的に強い神経痛発作を起こすと頚の動きが制限される事があります。
    温めると悪くなることがありますので、お風呂にはさっと入り、
    シップや塗り薬で治らない時は受診すると良いでしょう。

4 Q、子供を持ち上げたら腰に激痛が!ギックリ腰?
    急な腰痛で動きに制限があるものを一般にギックリ腰と言い、
    筋繊維にキズが付いた状態です。
    古い輪ゴムがプチッと切れたのと同じような状態です。
    痛みの出にくい姿勢と動作をとり、冷やしてシップを貼ること。
    お風呂の長湯や使い捨てカイロは厳禁です。

5 Q、授乳中ですが、薬は使っても良いの?
  A、母乳に濃縮されてしまうので原則として駄目です。医師や薬剤師に確認してください。
    また、妊娠5ケ月頃まではお薬は飲まない方が無難です。
    それ以降でも勝手な判断ではなく、確認してから飲むようにして下さい。

6 Q、夜間や休日の急な病気やケガにはどう対処すれば良いの?
  A、緊急時は救急車を呼んで下さい。
    それ程でもない場合は下記の医療情報センターへ電話をして下さい。
    当番の病院や適した病院を教えてくれます。
    救急病院でも急に連れて行っても、診て貰えない場合があります。

     相模原市医療情報センター   042−756−9000

  子育てママの疲れ解消法
1、とにかく疲れが溜まっている感じ。早く元気に戻りたい。
  →ビタミンB1(アリナミン)を補給し、半身浴を行い、睡眠を多めにとる。
   (半身浴→お風呂のお湯をぬるま目の約40度位にして、
    心臓の下まで入り、入浴剤を入れて長めにつかること。)

2、眠りが浅くて夜中に目が覚める。寝つきが悪い。
  →自律神経のバランスがくずれ、身体が活動状態のままになっています。
    副交感神経(安らぎの神経)を表に出してあげると良いです。
    トイレに行き、ぬるめの牛乳を飲んでから寝るなど、
    決まった行動をしてから寝るようにして下さい。
    (これをルーティーンと言います)

3、風邪が治りきらずに身体の調子が良くない。
  →ビタミンCを摂り、しょうが湯を飲み、くず餅を食べ、そして睡眠を多めにとりましょう。
    早く元気になりますよ。

4、最近、ノイローゼ気味で、怒りやすく、イライラする。 
  →ストレスにより自律神経が高まったままの状態です。
   『うつ』にならないうちに早めに対処しましょう。
   やすらぎの神経『副交感神経』を優位にすることが重要です。
   好きな音楽を聴いたり、大好物のケーキを食べたり、愚痴を聞いてもらったりして、
   自分を少し甘やかせてあげましょう。
   明らかな睡眠の障害や体重の減少がみられたら、神経科を受診しましょう。
   『うつは心の風邪』ですから。

5、出産後、体重や体型が元に戻らない。
  →乳児を持つ母体はある程度、脂肪を多めに持つのが一般的ですが、
    授乳が終わっても戻らないようであれば、有酸素運動(脂肪を燃やして運動をする)や、
    エクササイズ(局所のシェイプアップ)が必要となります。

  肩こりを白分で治す10のコツ
1、姿勢を良くする
頭の重心は体の重心の上にくるように
(慣れるまでは窮屈な感じはありますが頑張って)

2、マクラを合わせる
硬めで、低め。寝起きが良いものがいいマクラ
(各種の健康マクラは頚推の並びが悪い方にはきつい)

3、風呂上りエクサ1
頚まわしをゆっくり、大きく左右に10回ずつ
(10回片側が終わってから反対を行う)

4、風呂上りエクサ2
腕まわしをゆっくり、大きく前後に10回つつ
(前から10回行い、その後に後ろから10回行う)

5、風呂上りエクサ3
頚の後ろに丸めたタオルを当てて、10分間力を抜く
(仰向けに寝てダラーとカを抜く)

6、肩すくめ体操
強く両肩を引き上げ、一気にストンと力を抜く
(10回が1セット 1日に数回行うと良い)

7、頚振り体操
前後交互に10回、左右交互に10回ゆっくり行う
(息を吐きながら行い、一瞬止めるとより効果的)

8、ストレッチ
肩関節をいろいろな方向へ動かし、筋肉をほぐす
(反動をつけずにゆっくり動かし一瞬止める 10回)

9、伸び伸び体操
腕を頭の延長方向へ背中と一緒に伸ばす 10回
(ゆっくり伸ばし、一瞬止めてゆっくりもどす)

10、くず餅を食べる
肩こりに対しては漢方薬では葛根湯を出します
(風邪にも効きますよ)

COPYRIGHT(C)2007 田中鍼灸接骨院 ALL RIGHTS RESERVED.